トピックス

あきた耳鼻咽喉科クリニック_トピックス

舌下免疫療法治療日誌11

しばらくぶりのご報告ですが、私自身のスギ・ダニ舌下免疫療法は順調に続いています。でも相変わらず液体のスギ用シダトレンはやりにくいです。早くダニ同様の錠剤が発売されてほしいですね。(近いうちにその情報も院長ブログにアップする予定です!)

舌下免疫療法治療日誌10

ダニとスギの舌下免疫療法を併用してからおよそ1か月がたちました。今では特に何の副作用もなく普通に過ごしています。しいて問題点を挙げるとすると 1.1日2回舌下免疫療法をやるのが少し面倒。 2.シダトレンが甘くて嫌。 3.シダトレンが液だれすると…

まだまだ知られていない舌下免疫療法

スギ花粉症の有病率が日本一の山梨県。そんな山梨県でも舌下免疫療法は43.3%の方にしか知られていません。(2016年データ) スギ花粉症やダニによるアレルギー性鼻炎に対して、治る可能性のある治療法があることを皆さんまだまだ知らないようです。

アクアソリタ経口補水液&ゼリー

暑い日が続いていますね。体内水分量が減少してきている高齢の方々や体温調節の機能が未発達のお子様方は特に熱中症に注意が必要です。今回は当院で扱っている経口補水液と経口補水ゼリーについてです。 熱中症対策には、すぐに尿で出てしまう水やお茶や糖分…

舌下免疫療法治療日誌9

スギ花粉舌下免疫療法も増量期を終え、いよいよ今日から維持期に突入です。維持期では毎日一パックを飲むだけ。簡単です。 今では特に副反応も無く順調です。このまま無事継続できそうな予感がします!

ヒアリ

神戸市で発見されたヒアリ。尼崎では女王蟻も居たそうですね。生息範囲が全国に広がっているかどうか分かりませんが、厚生労働省からも注意がありました。 ヒアリに刺されると熱間を伴う非常に激しい痛みがあり、水疱状に腫れ、その後膿が出るそうです。 さ…

スギ花粉症が完治しないことを78.5%の方が不満に思っている!?

スギ花粉症に対する某製薬会社の調査がありました。スギ花粉症に対する一般の方々の意識・実態調査です。結論から言いますと、『78.5%がスギ花粉症は完治しないことを不満に思っている』そうです。その一方で『ほぼ毎年医療機関を受診している方は30.1%』…

舌下免疫療法治療日誌8

ダニとスギの舌下免疫療法を開始して10日が過ぎました。先週は体が痒かったけど副反応かどうか不明です。今日はもうだいぶ良くなりました。 今週末にはスギ舌下免疫薬シダトレンの増量期も終了し維持期に入ります。ポンプをプッシュする手間が無くなるのは楽…

舌下免疫療法治療日誌7

今まで院長ブログの方で自分自身の舌下免疫療法日誌を書いてきましたが、これからはトピックスに載せることにしました。 私はダニとスギの併用療法中ですが、本日よりスギ花粉症治療薬シダトレンの増量期第2幕目になります。 今までは順調に併用しています。…

豆乳アレルギーとスパイスアレルギーについて。

口腔アレルギーのことを少し。今回は豆乳アレルギーとスパイスアレルギーの話です。 ハンノキやシラカンバなどのカバノキ科花粉症があると豆乳アレルギーを起こし易いそうです。でも豆腐や味噌、醤油などの大豆製品は接種可能だそうですが、アレルギー反応を…

画期的なスギ舌下液とダニ舌下液の併用療法

先日の日本アレルギー学会にてスギ花粉症用の舌下液シダトレンとダニ舌下液のミティキュアの併用に関しての発表がありました。以前にもこの治療方法を学んでいましたが、さらに画期的な方法です! この二つの舌下液の併用を私はまだ行っていませんが、良い方…

朝日新聞に舌下免疫療法の広告掲載!

先日の読売新聞に引き続き、昨日の朝日新聞に舌下免疫療法の1面記事が掲載されました。 弘前に住んでいると全国紙よりも地方紙を読んでいる方が多いようですので反響はほぼ無いに等しいのですが、少しずつこの治療法について知名度と理解が進み、希望者が増…

舌下免疫療法を始めるにあたっての条件を緩和します!

トピックスと言うほどのことではないですが、舌下免疫療法を行うにあたっての諸条件を以下のように以前より少し軽くしました。 1:スギ花粉症があること。(当院で検査するか、過去の検査結果を提示すること。) 2:維持期になったらできるだけ1ヶ月に1回…

読売新聞に舌下免疫療法に関する全面広告掲載!

今日の読売新聞朝刊に舌下免疫療法に関する広告が全面広告で掲載されました。 鳥居薬品さん、ありがとうございます。この広告がきっかけとなって舌下免疫療法がもっともっとメジャーな治療法になって欲しいですね。私も頑張ります!

ダニアレルギーの予防法について

ダニアレルギーを予防するために家でのダニ除去の方法をご紹介します。 アレルギーの原因(アレルゲン)になるのはダニ虫体そのものではなくて、ダニの糞や死骸中のたんぱく質です。そのダニアレルゲンは一年中室内にありますが、ダニの繁殖のピークは夏なの…

スギ花粉症治療の一番の不満は完治しないこと!?舌下免疫療法があるじゃない!

東奥日報に掲載された鳥居薬品の調査によると、スギ花粉症の治療や対策で一番不満に思うことは『完治しない』ことだそうです。しかし現在は完治が見込める治療法として舌下免疫療法があります。まだまだ舌下免疫療法は世間で知られてないのが実状のようです。…

舌下免疫療法に関する中国からの報告

久しぶりのトピックス。皆さん読んでくれるでしょうか?今回は舌下免疫療法に関することです。 2017年2月に中国の先生からの報告によると、『中国のある施設での調査で舌下免疫療法を開始したアレルギー性鼻炎患者の半数以上が1年以内に治療を中止していた』…

血管収縮剤入りの市販の点鼻薬にはご注意を!

鼻づまりがひどい時皆さんはどうしていますか?きっと手っ取り早く市販の点鼻薬を買って使う方も多いでしょう。 市販の点鼻薬を使うと素早く鼻づまりが取れる物が多くあります。なのでついつい使い過ぎてしまうこともあるようです。そんな薬の中には血管収縮…

食物依存性運動誘発アナフィラキシー

アレルギーがある食べ物を摂取した後に運動をすると、その運動が引き金になって蕁麻疹や呼吸困難、血圧の低下、意識消失などのアレルギー症状が誘発されることがあります。 原因になる食べ物は、小麦、エビ・カニなどの甲殻類、果物の順に多いようです。運動…

口腔アレルギー症候群 OAS

夏は美味しい果物や野菜が沢山あり嬉しいですね。でも成人の食物アレルギーには花粉症に合併して起こる果物や野菜のアレルギーがあるんです。花粉症とそれに関連しアレルギーを起こす食べ物にはどんなものがあるのでしょうか? 春:ハンノキ、シラカンバ ⇔ …

成人の食物アレルギー

成人の食物アレルギーの原因は、 1:甲殻類 2:小麦 3:果物類 4:魚類 5:ソバ の順だそうです。ちなみに全年齢別だと 1:鶏卵 2:牛乳 3:小麦 4:甲殻類 5:果物類 となっています。これは6歳以下の子供達には鶏卵と牛乳アレルギーがすごく多い…

とびひとみずいぼ。

今日はとびひとみずいぼのお話です。 とびひは細菌が原因の最も多い皮膚病です。0~6歳児に多く、よく夏に発生します。水疱ができ痒くて引っかいたりするとすぐに破れてかさぶたになります。そして周りにどんどん拡がっていきます。熱は出ません。 プールの…

ダニは夏に増えます!

一年中アレルギー性鼻炎や喘息の原因となるダニですが、夏に増えます。ダニは気温25度前後、湿度65~75%を好み、高温多湿の日本の夏に増えやすい傾向にあるそうです。 弘前はそう暑くもありませんが、この条件をぴったり満たしているので当然ダニは増えます…

めまい まだまだ多いです。

昨日当院へめまいの方が救急車で搬送されて来ました。開業医の所へ救急搬送されるのはあまり無く、うちでも久しぶりでした。 まだまだ天気が悪いためかめまいの方が多いです。当院ではめまい体操などの治療のみならず、めまいの診断のための検査を随時行って…

鼻のかみ方の楽しい教え方

鼻をかむということはとても大切です。特に小さな子供たちにとって。鼻をかまないでいると集中力が無くなり、頭痛や咳がでたり、副鼻腔炎・蓄膿症、中耳炎を引き起こしたり、口呼吸から成長にも影響を与えます。 普通4歳くらいになるとだんだん鼻のかみ方を…

アレルゲン免疫療法のメリット

スギ花粉症に対するシダトレン、ダニによるアレルギー性鼻炎に対するミティキュアなどのアレルゲン免疫療法のメリットについて。 1:治癒が期待できること。 2:治療のための抗アレルギー薬などの量を減らせること。 3:効果が出て免疫療法をやめた後もそ…

梅雨時期のカビ対策で咳を減らしましょう。

梅雨時期になると増えるのはめまいだけではありません。咳が長引くような喘息様の症状も多くなります。季節の変わり目や梅雨の時期などに多いです。特に急に寒くなったり、雨が降る前、低気圧が近づく前などに咳症状が悪くなるようです。 対策は浴室や台所の…

めまいを起こす方が増えています。

毎年梅雨時期になるとめまいの方が増えます。人間も動物ですので天気の影響を強く受けるのでしょうか?当院では先日紹介しためまい体操などの治療のみならず、めまいの診断のための検査を随時行っています。時には頭部MRIも撮影します(外注です)。 めまい…

咳と発熱の患者が多いです。

最近は咳と発熱の患者が多いです。マイコプラズマも適宜調べていますが、あまり陽性反応が出ませんね。いわゆる風邪なのかもしれません。イネ科アレルギーもまだまだ多いです。

めまい体操やってます。

めまい体操というめまいのリハビリがあります。バランスの中枢である小脳を鍛え、学習させることが目的です。 この体操を始めると慣れるまでにめまいや吐き気などが起きるかもしれませんが、そのような刺激を感じることがリハビリになります。 こつこつ毎日…